福井市スポーツ少年団活動方針

 はじめに
  新しい教育体制のもと、福井市スポーツ少年団は、スポーツ少年団のあり方や方向性について、
  「次代を担う健全なからだとこころを持った青少年の育成」という基本理念をふまえ活動を続けています。
  このような理念に基づき福井市スポーツ少年団は以下のように提言します。

 地域に認められるスポーツ少年団
  
スポーツ少年団は、「スポーツを通じて、青少年のからだとこころを育てる組織を地域社会の中に!」と願い創設されました。
  地域に住む子どもたちが、スポーツ少年団活動や地域活動を通じて、連帯感や社会性を育むことが期待されています。
  そのためにも、スポーツ少年団活動が、地域住民と協力し合い、共に助け合う地域に根ざした活動であることを念頭におくことが必要です。
  また、子どもたちは団員である前に、家庭や学校や地域の一員であるということを第一に考えなくてはなりません。
  自分の自由時間の使い方を、家庭や学校・地域社会の行事や計画と調整しながら組み立てることが大切です。
  今後、地域に認められるスポーツ少年団を育てるために、スポーツ少年団の活動が、子どもたちの自主的な活動であるのはもちろんのこと、
  その保護者を含む育成母集団からの期待も考慮しながら、地域に住む全ての人たちから認められる活動でなくてはならないということを
  あらためて認識する時期にきています。

 
他団体との関連
  
スポーツ少年団は公益的な組織です。その活動は、全ての子どもたちに門戸が開かれたものでなくてはなりません。
  また、その活動を「子どもたちが健全に育っていくために必要なプログラム」という視点に立って考え、
  子どもたちにスポーツだけでなく様々な経験をさせることが大切です。
  そのために、団員も指導者も地域の一員であることをふまえ、他の団体と協調のとれた活動を意識する必要があります。

 
競技スポーツとの関連
  
当然のことながら、スポーツには勝敗がつきものですが、競技スポーツの低年齢化と早期のエリート養成、
  それに伴う様々な心身への弊害はスポーツによる健全育成と生涯スポーツの推進という観点からあまりにも多くの問題を含んでいます。
  極度な競技会志向や勝利至上主義は否定されなくてはなりません。
  しかし、個々の少年が技能の向上を願い、記録に挑戦することは自然な行為であり、それを指導者や保護者が支援することは大切なことです。
  スポーツ少年団活動は、少なくとも生涯スポーツにつながるように、子どもたちにとってそのスタートラインにふさわしい出会いでなければなりません。
  その実現のためには、スポーツ少年団と各種目競技団体との合意と連携が求められます。

 
組織の充実と人材の発掘
  
これからの次代を担い、社会から期待される人間像は、いうまでもなく、限りなくスポーツを愛し心身ともに健全なスポーツマンシップと国際感覚を持った人材です。
  スポーツ少年団はそういった人材を育成できる組織です。長年スポーツ少年団に生き続けてきた「理念」と活動を継承していくために、
  真に地域に根づいた組織と活動を拡大・充実しなければなりません。
  よりよいプログラムを提供できる指導者やリーダーの養成と確保、その資質の向上を図ることが大切です。

 
まとめ
  福井市スポーツ少年団として、行政機関をはじめ、地域社会、学校、家庭、各競技団体、社会教育団体等と連携・協力し、
  この指針をもとに今後の活動を推進していきたいと考えています。
  さらに、スポーツ少年団の「理念」が指導者や保護者・地域社会により一層広く浸透していくことを期して、育成母集団研修会の工夫や広報活動の充実に努めていきたいと思います。
  また、地域社会から期待される人材の育成を目指して、指導者の資質の向上とリーダー養成をさらに支援していきたいと思います。


福井市スポーツ少年団トップに戻る  (社)福井市体育協会トップに戻る