福井市体育協会について

 沿 革

 福井市体育協会は、当時の市長、熊谷太三郎氏を初代会長として、昭和25年3月1日、戦災、大震
災から復興間もなく、市民スポーツの普及発展や市民の健康増進、体力向上を目的に設立された。こ
のことをきっかけに第1回市民体育大会が野球・軟式庭球・バレーボール・バスケットボール・山岳・卓
球・柔道・相撲・弓道・陸上の10競技で開催することとなる。
 設立当初は、事業、運営面においても手さぐり状態での発進であったが、福井市をはじめ、協会役員
の懸命な呼び掛けにより、昭和32年頃から福井市を単位とした種目別競技団体の結成が進み、昭和
35年頃には一定の整備がされたことから、市体協の組織をこれら種目別競技団体の加盟方式に改め
た。翌、昭和36年からは、市内小学校区域を単位とした地区体育団体の結成を呼び掛け、昭和38年
頃には努力の甲斐もあり、ほぼ全域の結成を終えた。これに福井地区中学校体育連盟も加えた組織が
現在の組織の基礎になることとなる。これにより、会則も大幅な改正に至り、徐々に諸規定、内規整備さ
れた。
 福井市体育協会の会長は、歴代の市長がその職に就いていたが、昭和38年に民間から黒川誠一
氏が就任し、行政機構から独立した体育協会が誕生した。
 事業に関しては、本市のスポーツ振興を図るため、数々のスポーツ大会の実施、また、地区、競技
団体に対する支援活動に対し全力を注いできた。
 平成2年、平成12年、平成22年には記念事業を行い、輝かしい歴史と数々の偉業を綴る記念誌を
発刊するとともに、記念を祝し、祝賀会を開催した。
 平成22年4月からは、法的に権利能力を有する法人として組織体制を確立し、効率的な事業運営を
展開するため、一般社団法人福井市体育協会となり、新たに出発したところである。
 現在、加盟団体は95団体を数え、本市スポーツ界の中心として、市民体育大会の開催をはじめ、
県民スポーツ祭への本市代表選手の派遣、国民体育大会出場者に対する激励事業、市民スポーツ
セミナーの開催などを行っている。また、主催する種目別スポーツ大会は82事業にのぼり、選手強化
のための47事業にも支援を行っている。さらに、地区体育団体には区民体育大会や各種スポーツ大
会開催に係る支援活動も行っている。
 
 組 織

 顧問1名、会長1名、副会長4名、理事長1名、理事22名、監事2名
 


トップに戻る